よくある質問イメージ

よくある質問

Q. どんなクリニックですか?

A. 「誰でも気軽に受診できるクリニック」を第一に考えました。

心療内科に若干抵抗のある方も、混合ビル(色々なテナントが入っており、1階には薬局があります)の2階にあるため、人目を気にせずお越しいただけるのではと思います。

Q. 健康保険は使えますか?また診察料はどれくらいですか?

A. 健康保険適応です。受診時に保険証をお持ちください。

保険診療(3割)の場合、初診時で検査等がない場合は2,300円程度、再診時で1,500円程度のお支払いとなります。

また、院外処方となりますので、院外の調剤薬局でのお薬代が別途かかります。

Q. 予約は必要ですか?

A. 極力待ち時間を少なくするため、完全予約制とさせていただいております。

Q. カウンセリングはしていますか?

A. 医師の診療と併せて、ご希望の方にはカウンセリングをしております。詳しくは [ カウンセリング案内 ]をご覧ください。

Q. 駐車場はありますか?

A. クリニックの前に広小路パーキングという立体駐車場がございます。そこを御利用いただいた場合、無料のチケットをお渡ししております。

広小路パーキングの地図はこちらからご覧ください。

Q. 内科や外科などで問題ないといわれたのですが、気になるからだの症状があります。そんな時に心療内科を受診してよいのですか?

A. 御相談ください。

実際にからだに異常がなくても、ストレスから自律神経系の症状(からだの症状)が現れることも多く、そのような時は心療内科的な治療が効果的な場合が少なくありません。少量のお薬の内服で十分に改善することも多く、また、ストレスにどう対処すればよいかを一緒に考えていく治療をしています。

Q. 他の病院に通院しておりますが、転院できますか?

A. どこの病院に通院するかは、患者様が自由に選択すべき事であり、当然転院可能です。ただし、病状によっては当院の治療構造の枠では責任持った対応をすることが困難な場合もございます。そのため可能な限り、現在通院中の病院にまずは御相談していただき、もし転院することになれば紹介状をお持ちいただければと思います。

Q. 境界性(型)人格障害といった診断がついていたり、自殺願望が強く、自傷行為、自殺企図などを認めると、クリニックでは対応できないといわれることが多いと聞きますが?

A. 精神科救急医療システムが整備されている地域であれば、そのような状態でもクリニックでの対応がある程度は可能だと思います。

但し当地域もそうですが、精神科救急医療システムが整備されていない地域においては、クリニックのような治療構造の枠では、上記のように身体的なことも含めて、緊急時の対応や、場合によっては入院治療が必要となる可能性が高い状態のときは、責任もった対応が困難となる事が予想されます。

そのため、やはり(受診)時間的にも状態的にも緊急時の対応が可能で、入院施設もあるような病院で治療をうけていただくことが良いのではと考えます。

Q. 血液検査は出来ますか?

A. 出来ます。特に内服治療をする場合などは、副作用が出ていないか等を定期的に血液検査で確認させていただいております。

Q. 院外処方せんについて知りたいのですが?

A. 厚生労働省は各医療機関の医薬分業をすすめています。これは医療機関では診療のみを行い、薬に関しては院外処方せんを発行し、この処方箋に基づいて薬を調剤薬局でだすというシステムです。(院外処方せんは、処方せんを取り扱っている薬局であれば、どこでも利用できます)

Q. 自立支援医療費制度とは何ですか?

A. 従来の通院医療費公費負担制度が、平成18年4月1日より変更(移行)されたもので、医療費の自己負担が軽減される制度です。利用者の自己負担は原則1割で、調剤薬局でも利用することができます。

手続きには印鑑・保険証が必要です。その他、詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。