もの忘れ外来イメージ

もの忘れ外来(認知症外来)

もの忘れ外来(認知症外来)

「日本認知症学会専門医」在籍 (現在)

厚生労働省によると、認知症高齢者の数は全国に462 万人(2012 年度時点)と推計されており、2025年には700万人を突破し65 歳以上の5人に1人が認知症に罹患するとされ、大きな社会問題となっております。

もの忘れが気になり始めた時、「年のせいだろう」と思う反面、「いや、もしかしたら認知症になったのだろうか」などと心配になることがあるかもしれません。そのようなもの忘れに関するご相談をさせていただく場として、当院では「もの忘れ外来」を行っております。

もの忘れ外来では、現在生じているもの忘れが、年齢相応のもの忘れ(正常老化によるもの忘れ)で、しばらく様子をみて問題ないものなのか、それとも認知症によるもの忘れで、何らかの対応をしなくてはいけないものなのかを判断します。

その結果、もし認知症によるもの忘れであった場合は、次にどのタイプの認知症なのかを診断し、それに応じて治療・介護などについて考えていきます。 アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭葉変性症、特発性正常圧水頭症など、認知症をきたす病気は数多く存在しますが、正確に診断することがその後の治療や介護などを考える上で不可欠となります。

例えば、一般的に認知症というと、「治らない」といったイメージをお持ちの方も多いと思われますが、中には特発性正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫といった病気など、適切な治療によって回復が望める“治療可能な認知症”もあるのです。

当院では、今治の医療機関でただ一人、クリニックにおいては愛媛県下で唯一(現在)の「日本認知症学会専門医」である根布昭彦医師が、もの忘れ外来(認知症外来)を担当しております。

もの忘れ外来受付

通常の診療と同様、保険診療となります。

初診の方は、必ず事前にお電話でご予約をとってお越しください。

初診専用受付ダイヤル:0898-35-0130

再来ご予約&お問い合わせ:0898-32-4886

※当院では希望され方に以下の血液検査も行っております。(認知症と診断されていない方が対象です)

「MCI スクリーニング検査」

正常でもなく認知症でもない正常と認知症の中間(正常と認知症の境界状態)と考えられているMCI(軽度認知障害)の状態にある高齢者も全国に400万人と推計されております。 当院では「MCI スクリーニング検査」というMCI のリスクを測定する検査を行っております。 MCI はアルツハイマー病を含めた認知症の前段階をかなり多く含んでいるとされており、この検査でリスクを事前に把握することでMCI の段階から治療や対策を行い、認知症への移行を予防したり、仮に認知症に移行した場合でも進行を遅らせる可能性などが期待されます。

「ApoE 遺伝子検査」

アルツハイマー病発症の原因とされているβアミロイドというたんぱく質の働きに関与しているApoE という遺伝子にはいくつかのタイプがあり、(ApoE の対立遺伝子である)ApoE4 はアルツハイマー病を引き起こす要因を持っていると言われております。当院ではApoE 遺伝子の型を調べるApoE 遺伝子検査も行っております。

これらの検査は実費徴収(自費)となります。詳細はお問い合わせください。